行政書士の過去問題集、失敗しない選び方は? 

行政書士の受験勉強では、「過去問題集を選びそこなう」というミステイクも、絶対に避けるべきです。なぜならば、過去問題集はテキストに負けないくらい重要な教材となるからです。

過去問題集も、行政書士の講座選びを誤らなければおそらく失敗することはありません。それにテキストと同様に、過去問題集の中身はごく一部であれば簡単に確かめさせてくれる時代です。せっかくチャンスが与えられているのですから、見落とさずに利用するのがいちばんでしょう。

では、行政書士の過去問題集で合格不合格のカギを握る点を書き出してみましょう。

・問題の量や並べ方ほか、バランスの良い構成となっている
過去問題は、絶対に数年分は必要です。評価の高い行政書士の講座では、平均して5年くらいは収録しているようです(講座によって差があるものの、だいたい3~10年くらいでしょうか)。
そして試験問題を、年度ごとに並べてある場合と、科目ごとに並べてある場合と両方があります。

なお問題と解答のほか、解説の量や質も大事です。解説が充実していないと、せっかく問題を解いても学力に結びつきません。

・書き込みやすさや持ち運びやすさが申し分ない
これは、テキストとほぼ共通したポイントです。問題集も自室以外の場所でドントン活用しないと、勉強時間が不足してしまう恐れがあります。

・早く問題を解く練習が積めるようにつくられている
問題を早く解くことは、試験時間がとても短い以上は、絶対に必要になってしまいます。これは練習しないとうまくいきません。解答時間の模範が設問ごとに書いてあると、練習をする際に役立ちます。



>>現役行政書士インタビューはこちら(外部サイト)