行政書士も、高年収の決め手は「営業力」

お客さんは、「行政書士」という肩書きにお金を払うわけではありません。
提供されるサービスにお金を払ってくれるのです。
つまり、資格を取得して開業した状態というのは、お店にたとえるなら、
「○○商店」という看板を出しただけなのと同じ。
そこで取り扱っている商品をアピールし、お客さんを呼び込まないことには商売にならないのは、
お店も行政書士も何ら変わりありません。

できるだけ多くのお客さんを呼び込むために必要になってくるのが「営業力」です。
行政書士として“勝ち組”に入る(=高い年収を得る)ためには、この営業力が欠かせません。
裏を返せば、客商売をしている人や、営業畑で活躍するサラリーマンなどは、
この資質をすでに備えていますので、行政書士資格に挑戦する意義、
そして高い年収を得て成功する可能性は十分にあると言えそうです。

ちなみに営業力は、大きく2つに分類することができます。
1つは、新規顧客を開拓する力。もう1つは、固定客をつなぎとめる力です。

まずは、「新規顧客を開拓する力」について説明します。
営業力と聞いて、まず思いつくのはこちらだと思いますが、
数ある士業の中でも特に行政書士については、新規顧客開拓が重要になってきます。
というよりも、新規顧客を開拓する力を持たない行政書士は、
高年収を得ることはもとより、この世界で生き抜くことさえ難しい、と言っても過言ではないでしょう。

たとえば、税理士や社会保険労務士の業務を想像してみてください。
税理士には月次決算、社会保険労務士には給与や社会保険料の計算といった、
毎月必ず発生する業務があります。
つまり、一度お客さんをつかまえることができれば、
顧問契約という形で、毎月定期的にお仕事をもらうことができます。

一方、行政書士は、と言いますと、もちろん顧問契約という形で仕事をしている人もいますが、
大半の行政書士とお客さんの関係は1回の書類作成で完結。
そのため、次から次へと新規顧客を開拓していかないことには、
仕事自体が成り立たないわけです。
行政書士にとって、新規顧客を開拓する力の有無は、文字通り、
死活問題であることがおわかりいただけると思います。



>>現役行政書士インタビューはこちら(外部サイト)