10.行政書士の「年収」と「ワークスタイル」

ここまで、「行政書士の年収」をテーマに、高年収を得るためのポイントに重点を置いて、行政書士という資格について見てきました。苦労して難関試験を突破したのだから、あるいはこれから挑戦するのだから、それに見合った高い年収を得たい、というのは当然のことだと思います。

その一方で、行政書士には、「年収」という尺度では測ることのできない、さまざまな魅力的なワークスタイルがあります。同じ士業でも、たとえば税理士や社会保険労務士など顧問契約が中心の資格ですと、安定した収入が見込めるかもしれませんが、そのぶん、時間的な制約も大きくなってきます。それに対して、自分や家庭の状況に応じた自由な働き方ができるというのは、行政書士という資格の大きな魅力のひとつかもしれません。

家計の足しに働きたいが、小さな子どもを置いて、長く家を空けるのは不安と考えるお母さんにとって、パソコンとプリンタさえあれば、自宅で自分のペースで働くことのできる行政書士のワークスタイルは、年収以上に魅力的に思えることでしょう。また、子どもが大きくなった後は、資格を活かして、勤務行政書士になるというのも、ママさん行政書士のワークスタイルのひとつです。

いつまでも仕事を続けたいと思っているシニアにとって、定年のない行政書士のワークスタイルは、これまた年収以上に魅力的に思えることでしょう。実際に、行政書士試験の合格者のうち、約4人に1人は40歳以上と言われています。年金をもらいながら、ちょっとリッチなお小遣いを稼ぐというのも、シニア行政書士のワークスタイルのひとつです。

また、行政書士の資格を、必ずしも仕事に結びつける必要はありません。行政書士試験の学習を通じて培った法律知識は、実は日常のさまざまな場面で活用できるものです。近しい人がトラブルに巻き込まれたときに、法律の知識を活かして、アドバイスをしてあげられるというのも、行政書士の魅力のひとつとして数えても良いかもしれません。



>>現役行政書士インタビューはこちら(外部サイト)